血液・血管の老化を防ぐ為に、脂肪を控える

健康な血液は、健康な頭脳を作り上げます。

ご存じ^^。
最近、話題の魚は、マグロ、サンマ、アジ、いわし、です。

日本人の血液中のコレステロールは、
過去20年以上ににわたって毎年増加し続けています。

その結果、心疾患、脳血管疾患、高脂血症、心筋梗塞、
心不全、etc...

どれも
動脈硬化が引き起こす病気です。


ご存じの方も多いと思いますが、
魚だけが、血液をサラサラ〜にするワケではありません。

食生活の改善というと
無闇にアレコレ困ってしましますが、


機能性豊かな食品と
言いかえると頑張る気に成る物です。

玄米食べ方を購入する


健康食品だって

思い切り頼ると案外楽に体質改善へ近づけるものです。

プロディーEX 3本セット(香醋3袋付き)【通販クラブ.com】


血液には、今までに食生活が反映されます。

中高年になったからコレステロールに注意したり、
サバ、イワシを食べたりしましょう〜なんていわれますが、

そういうワケではないのです。
食生活には、いつのひにも正しい週間を身につけましょう。

DHA&EPA(DH180)3個セット【muumuu mart】
DHA&EPA(DH180)
内容量 50.4g(280mg×180粒)×3
成分 小麦胚芽油、八つ目うなぎ油、ビタミンA・E
お召しあがり方 1日3粒程度を召し上がりください

血液・欠陥の老化は、、
自覚症状無く、進んできます。

少しでも早く気づいて生活を改善すれば、
進行をくい止めることができます。

いつ始めても・・・・と考えるより
行動していれば、もしも、動脈硬化症をおこした後だととしても

再発予防には、成りますから

血液や血管を  老化から守ってください。

posted by Dr.k  at 17:24 | 脂肪と血液

カルニチン何?

カルニチン (carnitine) とは


生体の脂質代謝に関与する


ヒドロキシアミノ酸であり、

立体異性体のうち L-カルニチンのみが生体では利用される
(以下は特に断らない限りL体について記述する)。
分子式は C7H15NO3、分子量 161.20、CAS登録番号(L体)541-15-1。


肉食により補給されるが、

L-カルニチンはアミノ酸の

L-リシンと   L-メチオニンから  生合成されるので、

成長期あるいは出産期以外には特に補給する必要はない。



食肉の中では、
ヒツジ肉やカツオ肉に比較的豊富に含まれる。


脂肪酸はミトコンドリア膜を

通過する前に酵素カルニチンアシルトランスフェラーゼの作用により

細胞質内のアシルCoAがアシルカルニチンへと変換されてから、


ミトコンドリアマトリックス内へと膜を通過する。


その後
ミトコンドリア内において再びカルニチンアシルトランスフェラーゼの

作用により、アシルCoAが再生される。



脂質代謝の補因子であるためかつては
ビタミンBT

と呼ばれたが、
現在ではこの呼称はほとんど用いられていない。



近年は脂質代謝に関与することから

ダイエット用サプリメントとして注目を浴びている。




もともと体内で造られている微量成分だが、

加齢の問題や現代の多忙な生活の中で、
不足しがちになると言われる。


男性より女性に不足する傾向があり、
の人も不足傾向にある。

アメリカの研究では1日500ミリグラム程度の
L-カルニチンが必要だとされている。
posted by Dr.k  at 07:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪と血液

健康に良い油とは?どれ?

血液サラサラ作用が期待できる不飽和脂肪酸


植物油に多い不飽和脂肪酸は、
健康維持・成長に欠かせないもので、

悪玉コレステロールを低下させるなどの作用がある

高脂血症や動脈硬化の予防、血圧降下作用等に期待。

カラダの中でつくることができないため


食べ物からとらなければなりませんねぇ。


不飽和脂肪酸、
n-9系のオレイン酸 と n-3系α-リノレン酸です。



オレイン酸

悪玉コレステロールだけを低下させる、

消化吸収がよく、
酸化しにくい のも特長です。

・オリーブ油
オレイン酸が豊富で悪玉コレステロールを減らし、
動脈硬化を予防する働きがあります。独特の香りや風味が特徴的です。
・米(ぬか)油
ビタミンE、オレイン酸が豊富。さらりとした風味で、保存にも優れています。加熱用・生食用どちらでも。

・椿油
オレイン酸はオリーブオイルよりも多く、全体の中で80%も含まれます。便秘、皮膚や髪ののお手入れ、老化予防に日本でも古くから使用されています。消化がよく、酸化しにくい安定した油。揚げ物を何回してもだれにくいのが特長です。

・茶油
中国で古くから使用されています。茶油も、オリーブ油よりもオレイン酸が多く、抗酸化作用のあるカテキン、タンニンも含まれ、血液サラサラ、肥満防止、胃腸の調子がよくなるなどの作用が知られています。




リノレン酸

血圧やコレステロールを低下させ、特にa-リノレン酸は、

酸化しやすい油です。

・しそ(エゴマ)油
a-リノレン酸が55%と油の中で最も多いのが特長。アトピー性皮膚炎によいと注目されています。ドレッシングなどの生食向き。

・亜麻仁(フラックスシード)油
しそ油同様に、a-リノレン酸が豊富です。、生食向き。



リノール酸
リノール酸は、人体内で合成できない必須脂肪酸の一つで、n-6系列の代表的な多価不飽和脂肪酸で血中コレステロールを下げる効果があります。

ただし、続きを読む
posted by Dr.k  at 05:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 脂肪と血液

体脂肪と肥満

肥満(ひまん, obesity)とは一般的に、

正常な状態に比べて体重が多い状況、
あるいは体脂肪が過剰に蓄積した状況を言う

体重や体脂肪の増加に伴った症状の有無は問わない。

主にヒトを含めた哺乳類で使われることが多い。

以下ではヒトにおける肥満について論じる。

肥満の診断
肥満は概念的には明確なアイディアであり、概ね標準体重より20%以上体重が超過した辺りからを肥満と呼ぶ、とは言えるが、肥満であると医学的に診断するには明確な判定基準が必要である。いろいろな説があるが、最も頻繁に用いられる基準を紹介する。


体重による肥満の診断

現在、成人においては、体重による肥満診断として、

BMIが頻繁に用いられている。日本肥満学会基準によると、

BMIが、

17.9以下なら低体重(やせ気味)
18.0以上24.9以下なら正常
25.0以上29.9以下なら肥満度I
30.0以上34.9以下なら肥満度II
35.0以上39.9以下なら肥満度III
40.0以上なら肥満度IV
である。

乳幼児ではBMIはKaup指数と呼ばれ、


18.0以上が肥満傾向とされる。



学童では、Röhrer指数(=10×体重[kg]÷(身長[m])の3乗)が


160以上で肥満とされる。




これらは身長と体重から単純に計算された値であるから


(成人の正常体重ではBMI=22)、大体の目安にはなるが、


これだけでは筋肉質なのか脂肪過多なのか、
皮下脂肪型肥満なのか内臓型肥満なのか、

一切分からないという批判を受ける。

このため、肥満と診断する際は下のような
定義と併用することがある。

体脂肪率による肥満の診断


適正な体脂肪率は、

男性では15〜19%、
女性では20〜25%である。


これを下回ると低脂肪で、これを上回ると肥満となる。

体脂肪率を用いれば、いわゆる隠れ肥満がつかめ、


また、


筋肉質なのか脂肪過多なのかも分かる。



しかし、



正確な体脂肪率の測定には困難を伴うため、

いまだその値の扱いをめぐって一定の見解をみていないのが現状である。




その他の肥満

後に述べる症候性肥満の中には、
中心性肥満などの特異な肥満像を呈するものがある。
通常は内科医師などによって発見・診断される。





肥満による健康への影響

肥満は数多くの疾患のリスクファクターとなる。


特に、
皮下脂肪型よりも内臓脂肪型

(腹部CT上、内臓脂肪と皮下脂肪の比が0.276以上で診断)のほうが、


合併症の頻度は大きくなる。




高脂血症 、高コレステロール血症 、高中性脂肪血症 、高血圧 、動脈硬化
虚血性心疾患 、脳卒中、閉塞性動脈硬化症、


糖尿病…インスリン抵抗性の獲得によると考えられている。
体重負担による、変形性関節症
肥満による睡眠時無呼吸症候群






単純性肥満
単純性肥満は、運動不足やエネルギーの摂取過剰によって
もたらされたものである。

小児では両親の一方も肥満のことが多く、身長が暦年齢相当で、

精神運動発達は正常、奇形は見られない。





病的肥満
病的肥満とは、呼吸や歩行などに困難を来たすほどに

高度となった肥満のことであり、しばしば手術の適応となる。





症候性肥満
代謝異常や内分泌疾患の一部でも肥満を来たす。
これらを症候性肥満と言う。症候性肥満の例として、
以下のようなものがある。

視床下部性肥満 : プラダー・ウィリー症候群 - フレーリッヒ症候群 -
ローレンス・ムーン・ビードル症候群
Cushing症候群では副腎皮質ステロイドの過剰による症状として、
中心性肥満を呈する。

甲状腺機能低下症では甲状腺機能の低下によって
脂肪分解が阻害され肥満となる。

カルシウム代謝に関連するホルモンであるPTHに対する細胞の反応異常を示す偽性副甲状腺機能低下症のIa、Ic型や偽性偽性副甲状腺機能低下症では、AHO体型(肥満、低身長、円形顔貌、中手骨・中足骨の短縮など)を特徴とする
肥満を示す。

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)の女性は、
男性化(多毛、にきび、低声音など)と肥満を示す。

薬物性肥満は薬物の副作用としての肥満のことであり、
副腎皮質ステロイド薬などで見られるものが特に有名である。


単純性肥満は肥満の約90%を占める。


小児の肥満も最近増加している。

高学年の小学生では、男子の10%、女子の8~9%が肥満であり、
その9割以上が単純性肥満である。


単純性肥満の原因は、

エネルギー摂取過剰と運動不足によるものであるから、

肥満の治療は、エネルギー摂取の制限と、運動療法が主になる。




肥満の生じやすい家系や、


いくら食べても太りにくい人が存在することについて、

遺伝的要因の存在があるものと考えられている。


20世紀終わりに、

レプチンというホルモンがエネルギーの消費増加と
食物摂取量低下をもたらすという発見がなされ、
肥満遺伝子の発見例として話題になった。

症候性肥満では、原疾患の改善に努める。

こんなことを調べてみました。

健康のために
 

今日は、ここまで  kei 

posted by Dr.k  at 05:14 | Comment(0) | TrackBack(2) | 脂肪と血液
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。